Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikatsukun.blog3.fc2.com/tb.php/446-e60d9813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下品なものですよ





リリーフランキー氏の「美女と野球」を読んだあと
遠藤周作氏の「恋愛について」を読んだ

率直な感想として

リリーさんはわかりやすい。
本の好き嫌いがあるボクでも入りやすい。よくわかる。卑猥だけどいいよね。男女の恋愛感情が平等っていうのは現代の思想なんだって思った。一方の遠藤周作氏はわかりづらい。

理由は不平等ってところ。
時代ですね。当時の女性は性欲を表に出す文化じゃなかったのかもね。

「セックス」を「エロス」って言葉に置き換えて、いろいろ回りくどく説明するのは、なんだが歯がゆいものだなって思った。知りたい部分を理解するまえに、疲れちゃって辿り着けないんだ。なんだろ。頭の良い人のエロい話って文学的すぎてちっとも面白くない。まぁ面白いの基準で読んでるボクが、現代人の理解力しかないのかもしれないけどさ。

上品な恋愛思想ってわからない。

恋愛ってそんな上品なものじゃなくね?


飲み屋で鼻水垂らして泣きまくったり、「死んでやる-!」って電話してみたり、ドロドロと憎悪の深みにハマっていったり、ナリフリかまわないのが恋愛だと思ってるんだ。


ここまでおかしくなるのが「恋愛」なんだぁ。
って
思った。
ボクは恋愛感情が薄いから、そんな突っ走ったことないんだけれど。


下品なものですよ。
人には言えないくらい恥ずかしいものだと思う。

それを上品に書き上げる遠藤周作は、きっと宗教か階級社会にコーティングされたオボッチャマ的思想を死ぬまで築き上げた文学者なんだろうなぁって思った。

それか童貞。

たぶん童貞。

あくまでこれはボクの意見です。


写真はシドニー湾でクルージング中の写真
およそ15年前の写真
ーーーーーーーー
カウントダウン
cocco
ドロドロ怖かったなぁ、この女性的な束縛的歌詞。怨念ですね。でも声がキレイで、ネギボーがプロデュースしてたから、音楽的に好きなんだ。この繋がりで「くるり」「グレープバイン」も好きになったかも。やっぱ顔が怖い。




欲望
ホフディラン
大学時代に聞いた曲。今はなにしてるんだろう。。この時代はいろんな試行錯誤のバンドがいたと思う。ビジュアル系、渋谷系、ロッケンロール系、アイドル系、UKカブレ系、柑橘系←ゆず。歌がうまいとか、そういうのじゃなくて、アンチメジャー的な感覚を、自由と認識していたのかなぁ。残る物は残る、なくなる物はなくなる。寂しい現実はみたくない。



SUNNY DAY SUNDAY
センチメンタル・バス
何だったんだろう。。。なんだか新しいのか古いのかよくわからない。世間に乗せられてるのは、この人達なのだろうか、それとも消費者のボクらなのだろうか? 過ぎ去る季節のように過ぎ去っていったね。なんだったんだろう。。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikatsukun.blog3.fc2.com/tb.php/446-e60d9813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

じゅんいち

  • Author:じゅんいち
  • じゅんいち。
    人生はおべんきょうだ。
    知らないことだらけだ。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。